Latest Entries

同じような写真でごめんなさい

(2016/6/13)

ボクが大きく肩で息をしているので今日も病院通いです。

レントゲン検査で、また「肺の周りに水が溜まっている」とのことです。

部位の胸水を注射針で、直接抜くにはリスキー(危険を伴う)な方法ですので、事前に家族の承諾書が必要でした。

無事に180CC(約コップ一杯分)の水が抜けました。麻酔薬のせいで、しばらくフラフラしました。

そして点滴をされ、飲み薬が今日から一つ増えて当面は二錠飲むことになります。

明日も来院するようにいわれました。

二階で

またお目にかかりましょうネ・・・ どうもありがとう。



スポンサーサイト

元気にしています

(2017/5/19)

今日はボクん家の方でも夏日でした。

少しですが体調も良いようです。
久しぶりにベランダに、ボクの力で出てみました。
心地よい風がふいています

しかし、歳にはかないません。
人さまの年齢に換算すれば、82歳(猫の世界では16歳6ヶ月)の高齢猫ですものね。

ボクの好物は何でも食べさせてくれます。しかし食欲がなく多くを食べることが出来ません。体力の衰えを感じます。

食後は窓から外を眺め、その後どうにか階段を上り、好きな場所で眠る事にしています。
ばーちゃんのベッド

久しぶりに裸んぼー

(2017/5/3)

体調不良(老化現象?)で月曜日(5/1)から病院通いしています。
症状は元気がなく食欲もないのです。

レントゲン・心電図・血液検査などにより、肺の周りに水が溜まっているようだと言われ、胸水を抜く事になりました。
(ボクには断りなしに)

麻酔をかけられ、注射器で抜かれましたが多量(150 CC か、それ以上)の水分でした。
水分も分析されましたが悪性の成分はなかったようです。
食欲は全くなく、病院での点滴のみです。

ご主人様は、ボクにあまりつらい目に合わせたくないと言っておられます。
通院はしばらく続くでしょう。

寒い間着ていた服は診察時に脱がされそのままです。
裸んぼー

頑張っています

(2017/4/17)

やっと春が来たようですね。

もともと睡眠時間が長いボク達猫族ですが、最近寝てる時間が更に増えたようです。

やはり歳のせいでしょうかね、あっという間に我が家の長老となり人さまの年齢では81歳を超えています。

自分ではしっかりしているつもりでもトイレで失敗をしてしまったり・・・

春よ来い

ご主人様は優しくいたわってくれます。

そうそう、ご主人様の怪我の状況は、リハビリでもの凄く努力されていますがもう少しかかりそうですね。

ボクも優しく見守ります。

ご主人様の傍でくつろいでいま~す

(2017/3/18)

ボクが崇拝するご主人様が足の怪我で療養中でしたが、退院され一週間経過しました。
ボクには家の外の社会が分かりませんが、リハビリの為に病院に通われる日を含めて毎日一時間位、自主トレーニングと称してウォーキング等で足を鍛えておられます。

くつろぎ

そういうご主人様の生き方が大好きです。