Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の到来

(2014/4/23)

4月も月末近くになり、すっかり暖かくなりました。
特に今日なんか初夏の陽気です。
家の中より、屋外の方が暖かいでしょうね。
“ 箱入り猫 ” のボクは外出させてもらえません。
ガラス窓を開け、ボク専用のお立ち台 “ ラム・タワー ” から外を眺めています。

空気が美味い。

はこいりねこ

間もなく春

(2014/3/30)

ボクにも春が近づいてきました。
この冬は、ネックウォーマーだけの姿で過ごしました。
服を着けていると、毛布の中で動きにくいし、毛布から出にくいのです。

数日前にボクの病院で検診していただきましたが、糖尿病も含め全く異常無いようです。

間もなくベランダから新鮮な空気を吸える日も近いです。
それまで暖かい部屋の中で過ごします。

春よ来い

ご主人様は雨が上がった様なので、ラジコン機を車に積み朝から外出されました。

夕方お帰りになられた話では、飛行場は今日も雨と強風の荒れ模様だったそうです。
クラブハウスの中で友達と食事をしたりコーヒーを飲みながら4時頃まで過ごされたとの事でした。

可哀相に・・・

弥生 3月

(2014/3/1)

3月になりましたね。
春を思わせる、暖かい日がちょっとだけ続いています。
しかし、ボクには温風器が当分必要です。
もう糖尿病は完治し元気にしています。

温風器の前

窓の外は雪です

(2014/2/7)

血糖値検査のために10日ぶりの通院です。
不治の病か?と家族を心配させた糖尿病が完治しました。
キャット
症状は、喉が渇くので水(お湯)を飲む量が増え、シッコの量が増えたのです。
家族が異変に気付き、病院通いを始めたのが12月13日です。
それ以降、獣医さんの指示で毎日(朝・晩)自宅でインスリン注射をしました。
翌日病院で血糖値検査、そして注射量を決める日が続いたのです。

微量の注射ですが1月半ばまで続けました。
血糖値が安定したので注射を止めて週一程度の検査を受けていました。

インスリン注射回数は、延べ40本位だと思います。

今日、獣医から非常に稀な事だが完治したと宣言されました。
12月13日から通院し50日目です。

糖尿病は、治る病気です。
また家族と仲良く暮らせます。

今日は大寒ですね

(2014/1/20)

今日は大寒ですね。
ボクは一年で一番寒い時期という事しか分かりません。

今冬は半纏(はんてん)を着ていませんので裸猫のボクは寒さが応えます。
ソファーの上で

半纏を着ると暖かいですけど、毛布の中から出る時に半纏が絡み毛布を引きずって部屋中を歩く事がしばしばあるのです。

ところで、今日は6日ぶりに病院に連れて行っていただきました。
インスリン注射は、先生の指示通りに2週間位中止してしていますが、血糖値は標準値の枠内に納まっています。
これには、先生・看護師さん達もボクの回復力におどろきです。
インスリンですから、ご主人様・奥様はボクが継続して注射をする事になると思われていたようです。
今後暫らくは、週一回程度の通院(検査のため)で経過観察となる様です。

それから明日の21日はボクにとって記念すべき日です。
誕生日は、2000年11月6日ですが、45日後の2001年の1月21日に、ボクの家の養子となり「王子様」の座に就き13年です。人の年齢では、今ご主人様と同じですが、すぐにボクの家で最年長となるでしょう。

我が家も高齢化がすすみます。

これからもボクに温かい声援をお願いしますネ。

糖尿病 “その後の症状”

(2014/1/10)

今日も病院で、採血 ⇒ 血液検査です。
注射針は嫌いではありませんが、好きでもありません。 どちらかと言えば嫌(いや)です。

4日間インスリンの注射は控えていますから検査結果が心配です。
結果は、血糖値が基準値内のほぼ真ん中です。 良かった。

この数日間、血糖値が安定した事に先生も驚いておられます。

インスリンは、体内の“すい臓”から分泌され血糖を下げようとします。
分泌量が不足する事で糖尿病となり、インスリンを注射で補う事で血糖値を下げます。
一旦分泌量が減れば増える事は稀です。

ボクの場合は不思議な事に分泌量が増えてきた? という事になるのでしょうか。

当然、継続して通院が必要です。 次は4日後に病院に行く事になりました。

くつろぐラムセス
ボクの家に帰れば、ご主人様・奥様と遊んでいます。
 

ボク元気です

(2014/1/6)

今年初めて・そしてブログに初めて登場します。

病気の事で、ご主人様・奥様に大変心配をかけています。

糖尿病と診断されるまでの症状は、喉が渇き水(お湯)をたくさん飲むのでトイレによく行く。
夜もトイレに4回位通い、その点は大変でした。

そんな症状のみで、元気で食欲旺盛(と言っても決められた量しか食べさせてくれません)でした。

ボク(猫)が糖尿病でインスリンの注射をしている事を皆さんは驚き、甘い物やおやつの食べ過ぎではないかと聞かれますが、厳しくそしてフードについては特に厳しく管理されていました。

若い頃から、病院で購入するフードのみ食べていますが普通に美味しいですし、原則おやつはありません。

今日は注射なし、そしてまた明日診察を受けます。

椅子の下
ご主人様のパソコンデスク(椅子)の下でくつろいでいます。
(ちょっと怖い顔に写っていますね)

ボクもブロガーの仲間入り

(2013/12/30)

ボクのWeb日記「ラムセスの独り言」もご主人様の日記「気まぐれ」同様に、ブログに引っ越します。

2014年1月よりこのブログでお目にかかる事になりますが、今日のWeb日記の内容をアップロードしてみました。  ブログでもWeb日記同様に、「ラムセスの独り言」として登場します。


(以下は12/30のWeb日記)

今日も病院に行ってきました。
血糖値と、インスリンの注射量がバランスしたようです。
注射器の最小メモリの半分(0.005cc)を朝と夕方に家で注射していただいてます(ほんの極少量)。
今月13日から、ほぼ毎日通院していますが、次はお正月明けの4日でよいそうです。
(正月中も診察していただけるそうですが)

何かと慌ただしい12月だというのに家族に心配と迷惑をかけてしまいました。
それでは皆様、よいお年をお迎えください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。